12月の犬服10選 寒い冬を暖かく

フィッティングセッション|Miniature Pinscher elly & Whippet claire

 

チャンネル登録 犬服を知る・学ぶ・雑学

 

フィッティングセッションの様子

 

皆様、こんにちは。いつもARATA HOUSE TVをご覧いただきありがとうございます。やっと「アラタハウス」と検索するとチャンネルが出てくるようになりました。

 

今日はフィッティングセッションの様子を動画にしました。フィッティングセッションってなに?と思う方もいると思いますので先ずはフィッティングセッションの説明をします。

 

フィッティングセッションとは、愛犬の採寸とお洋服のデザイン決めの事です。

 

以下のページに概要を書いていますが、なかなか文章だけでは雰囲気が伝わらないと思いますので動画をご覧ください。

フィッティングセッション:採寸・オーダーメイド犬服を製作する流れフィッティングセッション:採寸・オーダーメイド犬服を製作する流れ

 

この日はミニピンのelly♡とウィペットのclaire♡のフィッティングセッションです。

 

時間の流れをざっくり書くとこんな感じです。

 

  1. ランで遊ぶ 30分
  2. 採寸をする 60分
  3. お洋服のデザインを考える 1時間30分

 

全体で3時間ほどです。

 

ランで遊ぶ

 

ほとんどのケースで飼い主さんとお会いするのは初めてなので、当然、犬同士も初めて会います。だから天気が良ければ最初にランで一緒に遊ぶようにしています。ウィペットのclaire♡が元気に遊んでくれたので我が家のイタグレBuono!も大満足だったようです。動画の中で私がウィペットのclaire♡の事を「クレオ」と読んでいますが、正確には「クレア」です。

 

近所にサルーキのクレオがいるのでなんだか混乱して、1時間ほどは「クレオ」と読んでいました(汗)今はバッチリ覚えました。

 

愛犬が元気に走り回る姿は見ていて楽しいですね。途中ちょっとしたハプニング!?Buono!がよっちゃんに激突して「キューン(涙)」Buono!が首を痛そうに泣いてます。。皆さん、ランの中ではなるべくフェンスの近くに立ちましょう。その後も元気に走り回っていたので良かったです。

 

採寸をする

 

そして採寸の始まり、この日は動画撮影する予定ではなかったので採寸シーンはありません。動画後半に少し写真を載せていますのでご覧ください。私達の採寸は専用の採寸シートを使い、30分〜1時間かけて19カ所〜25か所の採寸を行なう事を基本としています。同時に過去の怪我の状況や、日頃の生活でお洋服に望む事なども聞いています。

 

ミニピンのelly♡とウィペットのclaire♡はとっても上手に採寸をさせてくれました。

 

そして採寸後に生地を見ながら、デザインを決めて行きます。

 

お洋服のデザインを考える

 

ここからは達山さんがGoProで撮影をしてくれました。実際に生地をみながら、どの柄、色がミニピンのelly♡とウィペットのclaire♡に会うのか一緒に考えていきます。実際の生地を触り、愛犬に当てながらお洋服を考える時間は楽しい時間でもあります。

 

日常では完成したお洋服をネットで購入する事がほとんどだと思いますが、1から愛犬を思ってお洋服を考えていく、例えるなら「大好きな彼女のお洋服をお店で一緒に選ぶ。」そんな感じだと思います。

 

なんども試着して、柄ごとに袖やネックの長さを愛犬との暮らしを考え決めていく。そんな時間を過ごしていると会話も愛犬の事からそれぞれの暮らしや趣味のことへ。そんな時間も楽しい時間です。

 

そしてミニピンのelly♡とウィペットのclaire♡、イタグレBuono!はお昼寝タイムに。初めて出会った犬同士が穏やかに過ごせる時間は良いものです。

 

いつも思うことなのですがフィッティングセッションはただお洋服を作るだけではなく、飼い主さんが愛犬のいつもとは違った一面を見る時間でもあります。採寸をしている時にときどき写真を撮ります。

 

愛犬を見つめる飼い主さんの目と、その目を見つめる愛犬の瞳。少し照れくさいかもしれませんが、素敵な瞬間です。

 

達山さん、elly&claireありがとうございました。

Special thanks.@elly_ciel

 

フィッティングセッション:採寸・オーダーメイド犬服を製作する流れ

フィッティングセッション:採寸・オーダーメイド犬服を製作する流れフィッティングセッション:採寸・オーダーメイド犬服を製作する流れ

 

by shinji

 

コメント・質問などお気軽に。