YouTube イタグレBuono!のボ。

ペットの災害対策:災害発生5分間で愛犬にしたこと(体験談)

地震発生!!愛犬Buono!にしたこと。「ペットの災害対策」「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」

 

地震発生!!5分後のBuono!の姿です。

 

  1. 地震発生
  2. 火の元確認(ガス、電気、ストーブなど)
  3. 愛犬に丈夫な首輪をつける。(迷子札、鑑札)
  4. 動きやすいロンパースを着せる。
  5. 持ち運びが可能なハウスを用意する。(バリケンなど)

 

地震発生!!愛犬Buono!にしたこと。「ペットの災害対策」「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」

 

地震発生!!愛犬Buono!にしたこと。「ペットの災害対策」「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」

 

災害発生時に何が重要になるかはその人の置かれている状況により変わります。ですが可能な範囲でリスクを減らす行動は出来ます。災害時は根拠が不明確な情報も多く出回ります、冷静に判断ができる間に備えておきましょう。

 

吹き出しイタグレBuono!の愛用品30個:ごはん・トイレ・首輪など(体験談)

 

備えておくべき事、災害にあったら。

 

 

震災の時に困ったことは何か?

 

 

地震発生おおよそ15分後の備え状況です。

 

  • 飼い主の着替え終わり(しばらく自宅に入れない可能性を考えて)
  • 最小限の避難グッツを玄関におく
  • その後の地震に備えて避難方法、場所を共有

 

ペットの避難場所について

 

避難場所候補の施設に「災害時に犬も一緒に避難(施設に入る事ができるかどうか)できるか?」聞いてみた。答えは「避難施設内は動物NGです。他の人へのアレルギー、吠える、噛むなどの恐れがあるので、基本的は犬は屋外です。」全国的に同じような規則のようです。いざと言う時に迅速に判断、行動できるように避難場所候補の施設に聞いておく事もペットの災害対策になります。

 

 

少しの備えが、災害時の安心にもつながります。

 

 

 

コメントはここにお願いします