正しい犬の抱き方【犬のしつけ・犬の育て方 vol.2】

公開:

 

 

 

正しい犬の抱き方|犬の育て方

 

犬の抱き方とゆっても全てが正しいとは限らない

 

正しい犬の抱き方とゆっても全てが正しいとは限らないと私は思っています。犬種やそのワンちゃんの性格などに合わせて、一番落ち着く抱き方を探してあげてください。 ここでは基本的な抱き方を紹介します。危険な行動に起こり得ることや、体験談なども付け加えてご説明致しますので、実際に愛犬を抱く際はどんな時でも慎重に抱きかかえてあげることを意識してくださいね。

 

小型犬の場合(犬種)

 

仔犬、プードル、チワワ、ポメラニアン、パピヨン、ヨークシャテリア、マルチーズ、キャバリア、パグ、シーズー、ジャックラッセルテリア、ミニチュア・シュナウザー、ミニチュアピンシャー、など

正しい犬の抱き方|犬の育て方

左側に犬の顔が来る設定

 

①右手を犬の右前足に親指を引っかけて、他の指で胸を包み込む様にして、小指を左前足に引っかける。

 

②ゆっくり抱き上げて、左手は愛犬の顔を胸に軽く押し当てるようにして、外側から全体を包み込むようにして、おしりに手を添える。

 

小型犬は腕の中からスルッと抜けてしまい、落してしまう方が多いようです。 調べていたら、チワワを落して怪我が多いようです。

 

なので、左手で軽く顔を飼い主様の胸に押し当て固定して、急に暴れてしまっても、落とさない様にしておくことがポイントです。この時、決して強く押しつけたり、ついつい右手の犬の胸を支えてる手が強くなり過ぎない様に注意して下さい。

 

痛いとキュンキュン鳴きますので、鳴いたらどこか痛いという事ですので、力加減に注意しましょう。 「痛いな」と愛犬が感じてしまったら、暴れますし、抱っこされる事が嫌になってしまいます。 次から、吠えたり、威嚇するようになってしまう子もいます。

 

あと、慣れていない方が、仔犬を抱こうとするのは、できれば避けておいた方がいいかと思います。もし、それでも抱こうとするのであれば、座った状態で、飼い主様もそばに付いている状態で抱っこされたらいいのではないでしょうか。万が一、落したら、飼い主様も抱いた方も愛犬も悲しい思いをしてしまいますからね!

 

そして、どの方が抱かれたとしても、少しでも暴れる素振りを見せた時は、すぐにしゃがみ込み高い所からの落下を防ぎましょう。

 

正しい犬の抱き方|犬の育て方

 

中型犬の場合(犬種)

 

アメリカンコッカースパニエル、ウィペット、柴犬、ビーグル、フレンチブルドッグ、ブルドッグ、ワイアーフォックステリアなどなど

 

中型犬・大型犬はまず犬を落ち着かせながら、抱き上げるように、段階を踏んで抱えましょう。小型犬と違い、頻繁に抱きかかえる事はないと思いますが、病院で診察台にあげる時や、車に乗せる時や、外で怪我をしてしまった時とかに抱き上げる場面がでてくると思います。 そんな場面がいつ来ても大丈夫なように、自宅で、練習しておきましょう。

 

正しい犬の抱き方|犬の育て方

左側に犬の顔が来る設定

 

①飼い主様は膝をついた体勢になり、犬は横向きに立たせた状態になります。

 

②犬が落ち着いている様子なら、両前足の付け根部分内側と後ろ前足付け根部分内側に両手をしっかり通してゆっくり持ち上げる。

 

③犬がグラつかないように自分の胸の方に抱きかかえてあげる。

 

正しい犬の抱き方|犬の育て方

 

大型犬の場合(犬種)

 

ールデンレトリーバー、ダルメシアン、ボダーコリー、ラブラドール・レトリーバー、ボルゾイ、ボクサー、ワイマラナー、セントバーナード、サルーキなどなどの

 

正しい犬の抱き方|犬の育て方

左側に犬の顔が来る設定

 

①飼い主様は膝をついた体勢になり、犬は横向きに立たせた状態になります。

 

②左手をグルッと愛犬の顔の下に回し込み犬の右前足の上当たりの胴体に手を添え、右手は胴体外側からグルリと回し入れお腹あたりに添えます。

 

③落ち着いている様子ならば、左ひざを立て、その上に前足を乗せて、犬の体勢を斜めに抱きかかえる手前の体勢に持って行きます。

 

④その体勢でも落ち着いている様子であれば、右手を尻尾の下を通して後ろ足を内側に寄せるイメージで左手も「②」の位置から前足付け根当たりを内側に寄せるイメージで抱え込み持ち上げます。

 

イタグレや、コーギー、ダックスフンドにオススメな抱き方は次回お話します。

 

小さいお子様が抱っこされる時

 

正しい犬の抱き方|犬の育て方

 

小さな手だし、力もあまりないので、犬が暴れたら危ないので、あまりにも暴れるワンちゃんの場合は、お子さん一人で抱っこする事はお勧めできません。 座った状態で抱っこする事から始めましょう。

 

私の、一番下の甥っ子は小学3年生です。とても小柄な男の子なんですが、ブリュッセルグリフォンの姫を抱っこする時は、右手で愛犬の左前足に親指をかけて、あと4本の指と手の平で愛犬の首の付け根から背中あたりを自分の胸にべったり引っ付けるように押し付け、左手で尻尾を挟むようにしておしりをしっかり持ちます。 あまり大人しいとは言えない、姫を上手に落とさず安定して抱っこできています。

 

ポイントは

 

愛犬のお腹をしっかり子供の胸に押し当てれているので、力の弱さをカバーできているのと、体が密着している事で、犬も安心しているんでしょう。

 

小型犬抱っこの際の起こりえる事

 

おしりを抱え、支えているからこそ、犬は安心するのですが、その反面何かに興味を示したりして興奮した際は、支えてる手は踏ん張りやすいジヤンプ台となり暴れて飛び降り様としてしまいます。 それで落ちて、怪我(骨折)をする犬も多くいます。 愛犬の動きを意識しながらしっかり抱えてあげるようにしましょう。 こようなことが多々起こりえそうな犬の抱き方は次回紹介します。

 

そもそも、犬は高い所が怖いので、嫌な思いをしていなくても、抱きかかえられることが元々嫌いで吠えて威嚇する子がいます。 しかし、今マンションでお住まいの方は、共有スペースは必ず抱きかかえて移動しなければいけません。 この場合は、バリケンやキャリーバックや人間のボストンバックでも構いません。 まずは、自宅でしっかり慣れさせることが大切ですが、嫌がるのを無理やり抱きかかえるより、バックに入れて移動する事をおススメします。 愛犬もストレスにならないし、飼い主様も毎回憂鬱になる事も無いので!

 

中型犬抱っこの際起こりえる事

 

あまりにも私達の腕が中央に寄りすぎていたら、犬はグラグラしてしまい不安で暴れてしまいますので、しっかりバランスの取れる位置で抱きかかえてあげましよう。 中型犬にもなれば、体重はもちろん力も強いので気をつけましょう。

 

大型犬抱っこの際起こりえる事

 

大型犬は飼い主様より体重も上回って来るかと思いますので、抱きかかえなければならない状況以外はそうそう抱かないと思いますが、怪我をしてしまったり、発作などで倒れてしまったりした時は、一人で無理に抱えようとはせずに人を呼んだりして運んであげましょう。便利なグッツも販売されていますよ!

 

体験談・経験談

 

仔犬の時に、抱きかかえていて落とされた方 トイプードルなんですが、前の両足を骨折してしまいました。

 

骨折したら、見てわかるのかな?と質問される方が多いようですが、分りますよ! 片手でしたら、ブラ~ンとぶら下げた状態になってたり、足を引きずったり、鳴き続けたり(悲鳴の様な鳴き方)様々な症状で訴えてきますので、骨折だ!と思わなかったとしても、何かおかしいとは分るはずですよ。

 

このトイプードルは、両足ですからもちろん立ち上がれなく、飼い主様が触ったら痛がるし動かない状態だったそうです。 すぐに病院に連絡して、症状を説明して、「骨折だろうからすぐに連れてきて」と言われ、レントゲンにて骨折を確認されました。 片方の足はギブス治療、片方はプレート手術にて治療されました。 今ではとっても元気にお散歩されています。

 

ですがある日、いつもは私が撫でても喜んで大人しいのですが、私がその日撫でた後しゃがんだ状態で抱きかかえようと脇から胴体に手を回したら、吠えて怒られました。 推測ですが、前足を骨折してから、飼い主様以外、心を完全に許している人以外の人が抱く事に恐怖心が残っているのではないかなと思いました。 私も、いつもと違う行動を、その子に取ってしまったので驚いたのかもしれませんが。 犬は、一度怖い思い、痛い思いをした事は覚えています。 もし、ご家族に対して何も怖がらなくなったとしても、他人が抱こうとすると怒るかもしれませんから、飼い主様がしっかりご判断できるようにしておきましょう。

 

あと、調べていたら、「抱っこしていて落としてしまった、病院に行くべきかを悩んでいる」と言う方が多いことに驚きました。 犬がケロッとしていても、係りつけの病院にご相談のご連絡は入れた方がいいと思います。 病院に行かず、その後下半身麻痺になり、車いすが無ければ歩けなくなってしまった犬もいるそうですから。 それに、病院に相談しておいた方が、「大丈夫かな。。。心配だな。。。どうしよう。。。」と悩んでいる時間に愛犬の症状が悪化する恐れもあります。 何事も無ければ、考える時間も短く済みますし、早く安心できますよね。

 

この様な悲しいことを起こしてしまわない様に、「犬の抱き方」を早い段階で家族で学び、愛犬が落ち着く抱き方を身につけましょう。

 

抱っこ紐があると便利です

 

 

電子書籍で読まれる場合は、「BCCKSでよむ」をクリックして下さい。

 

正しい犬の抱き方|犬の育て方』 ARATA HOUSE著

 

 

 

愛犬が安心できる抱き方「野良犬に遭遇したら」「知らない人に抱かせてと言われたら」「怪我をした時は」その抱き方は本当に愛犬の為になっていますか?【犬の飼い主が知ってそうで、知らない大切なこと vol.2】

 

 

 

犬のしつけ・犬の育て方|ペット看護士よっちゃんと愛犬の「笑顔になる暮らし方」悩み解消64のポイント!

 

 

犬服|aratahouse.com
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)