12月の犬服:クリスマスに大晦日、寒い冬を暖かく過ごす犬服20選

雨でも蝉が鳴き始め、イタグレBuono!は戸惑う。

私が住む大阪でも蝉が鳴き始めた。雨が降ってるんだからもう少し土の中で休んでくれてても良いのに、大きな声で鳴き始める。蒸し暑いのに蝉の鳴き声で暑さが増す。まぁ〜蝉には蝉の言い分があるだろうとは思うけど、蝉の鳴き声に癒しを感じたことはない。

 

この時期は散歩のタイミングが難しい。雨が少々、降っていても気温の低い朝早くに行くか、雨が降っていないが暑い日中にいくか。暑いと人も犬もばてるので朝を選択する。

 

そこに蝉の大きな鳴き声が聞こえてくる。イタグレBuono!も戸惑う。

 

※「lnstagram」のロゴ部分をクリックすると大きいサイズで視聴できます。

 

 

蝉がなんで鳴くのか気になり調べてみた!

 

オス成虫の腹腔内には音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達し、鳴いてメスを呼ぶ。発音筋は秒間2万回振動して発音を実現するとされる。また、外敵に捕獲されたときにも鳴く。

 

と、意外な事に。

 

夏に多いとはいえ真昼の暑い時間帯に鳴くセミは少なく、比較的涼しい朝夕の方が多くの種類の鳴き声が聞かれる。

 

幼虫として地下生活する期間は3-17年(アブラゼミは6年)に達し

引用元:wikipedia

 

地上に出てからは1ヶ月程で息絶える。その間に子孫を残す行動をとらないといけない。そら、小さな体であれだけ大きな声で鳴くわなあ。蝉の言い分はわかるような気がする。