12月の犬服10選 寒い冬を暖かく

イタグレパピーの専用服「First wear」をすぐにお届けします

小さくて可愛い"イタグレパピー"の専用服「First wear」をすぐにお届けします。

 

はじめに

 

年々、イタグレパピー服のご注文を承る事が増えてきました。迎えてすぐは季節問わず、スタンダードのお洋服を体温調節や怪我防止などに着せてあげたいもの。この迎えたすぐぐらいのパピー期(生後2ヶ月から4ヶ月ぐらいかな?)は成長も早いし、細かいサイズの調整はあまり必要で無いかなと思います。それよりも、環境の変化で体調崩さない為や体温調節に怪我防止にパサッっと着せれて、肌にやさしい服が必要と感じています。

 

小さくて可愛い"イタグレパピー"の専用服「First wear」をすぐにお届けします。

 

パピーの怪我防止

 

現に、我が家のBuono!もペットショップから連れて帰る時に、パサッと着せれる服を買って着せて帰りました。部屋でも寝てる時にお腹が冷えないようにその服を着せていました。

 

家族に迎え入れ、成長も早いチョーパピー期こそ、肌ざわりも良く、パピーの可愛らしを邪魔しないシンプルなデザイン、そして体温調節と怪我防止に役立てる服。そして、小さく抱きかかえにくい時期でもあり、服を着せていたら、抱きかかえた時に服の一部も掴んでおけば、急に暴れて落とす事も防げます。

 

「そんな落とすことなんてありえない」と思うかもしれませんが、犬の骨折で多いのは、抱きかかえていて急に暴れだして落下しての骨折です。私は今でも、Buono!を抱きかかえる時は、服の一部も掴んで抱き抱えるようにしています。

 

そんないろんな思いから、小さく可愛い愛犬の「First wear」をすぐにお届けが出来たらなと考えていたのです。

 

パピー服のデザイン

 

服のタイプはシンプルにスタンダード/袖なし/ネック無しがオススメです。なぜかと言うと、パピー期は、カラダも小さく、これから成犬へと身体を作り始めている大切な時期。無理なくスムーズに締め付けない服が良いと思う。「First wear」で嫌な思いを覚えてしまうと、服を着ることをとても嫌がる様になってしまいます。

 

普段服を着せないから服が苦手になってもいいではなく、服を着ることに慣れておくと、怪我をした時、体調崩したり、病気をした時など、服を必要な場面になった時に困りません。年々、ペットOKの飲食店も増えました。犬の毛が舞わないように服を着せるのも一つのマナーかなとも思います。なので、小さい頃から、愛犬も、飼い主様も服に慣れておくと後々便利です。

 

小さくて可愛い"イタグレパピー"の専用服「First wear」をすぐにお届けします。

 

思い出の一着を

 

そして何より、パピーが服を着てる姿がとても可愛いですよ。

 

着れる期間は短いかも知れないけど、着れなくなった服はとてもかわいい思い出の一着。Buono!を迎えた時は、まだお洋服の製作はして無く、市販のお洋服だったけど未だに大切に保管しています。そんな思い出の一着になる「First wear」を製作したいなと思っています。

 

イタグレパピー服は、成長が早く、環境変化にも弱いパピーちゃんのお洋服だから3営業日以内に発送します。

 

イタグレパピー服「First wear」

 

犬服|パピーサイズ「パピーちゃんのお洋服の選び方」 犬服パピーサイズ:パピー服を選ぶ時の5つのポイント

 

コメント・質問などお気軽に。