12月の犬服:クリスマスに大晦日、寒い冬を暖かく過ごす犬服20選

女性店主が営む「魚中心の居酒屋」さんは、牛のタタキも旨い。

最近はめっきり外食の回数が減った。理由は簡単、家ご飯が旨いからだ、もう少し言えば同じような料理を食べても自宅なら1,000円ぐらいで食べれるのが、外食をすると3,000円ぐらいの支払になる。まぁ、お店も商売だから当然の話だけど、同じ味で、値段が1/3なら家飯になるよね。

 

でも時々、外食もする。そんな時に選ぶお店はポイントは、安くて旨くて、近い。逆に遠くて不味くて、高い店は絶対に行きたくない。当たり前の話だけど。さてさて、今回行ったお店は、自宅から徒歩10分。歩いていると、「こんにちは」と数人の知り合いとすれ違うぐらい近所のお店。

 

「ウォーキングですか」と聞かれた時には、どんだけ運動好きな夫婦と思われてるんやろと思いながらビーサンを履いて歩いていた。さて、お店は女性店主を中心とし、女性スタッフが脇を固める柔らかい雰囲気のお店。とっても好きな雰囲気。

 

この日は無性に魚を食べたかったので、もちろん刺身の盛り合わせからスタート。

 

女性店主が営む「魚中心の居酒屋」さんは、牛のタタキも旨い。

明石の天然鯛。

 

女性店主が営む「魚中心の居酒屋」さんは、牛のタタキも旨い。

水茄子。

 

女性店主が営む「魚中心の居酒屋」さんは、牛のタタキも旨い。

なぜか、和牛のタタキ。これが絶品。ワインを飲みたくなる。我慢したけど。。

 

女性店主が営む「魚中心の居酒屋」さんは、牛のタタキも旨い。

焼おにぎり。

 

女性店主が営む「魚中心の居酒屋」さんは、牛のタタキも旨い。

漬け物の盛り合わせ。これがあると嬉しい。なぜなら、

 

女性店主が営む「魚中心の居酒屋」さんは、牛のタタキも旨い。

お酒の良いあてになるからね。

 

ローカルな場所なのに、予約もいっぱい。家族連れから、カップル、おばちゃん友達などなど、どんな構成でも楽しめるお店だね。

 

御馳走様でした♪