「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

公開:

 

 

 

皆さんポンチョってしってますか?こんな感じのマントのような洋服の事です。それをイタグレBuono!に着せたくなったよっちゃんは、母(※よっちゃんの母)に頼み。(※余談ですが、英語で言うと「Mother of Yotchan」に頼み。別に英語にする必要はないんだけど、「Mother of Yotchan」て書くとなんだか面白いので書いてみた。)

 

それから、イタグレBuono!の為の「poncho」作りが始まった。その方法が凄いのなんのって、生地を買って着て、ミシンで縫うのかと思いきや、「Mother of Yotchan」が一編み一編み毛糸で編んで行くと言うではないか!?出来るの?

 

俺は事の成り行きをBuono!とボーッとみるしか遣る事がない。

 

数日後、首周りが出来てきたらしい。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

さらに数日、経つと全体が出来てきている。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

これ「Mother of Yotchan」がかぎ針編みと言う手法で編んでるだって!しかも、型紙なし。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

初めてのイタグレポンチョは無事完成。そして3人でコチョコチョ話を。素材を替え、各箇所の編み方を替え、細工を施すことに。もちろん「Mother of Yotchan」が。

 

そして、再び、一編み一編みの作業となる。楽しいらしい。凄い!

 

そして数日が経過し、第二弾が完成!何編みしたんだろう??

 

すげぇ〜いいじゃん!!ネックは長めで折り返しが出来るし、リード穴もある。色のバランスも、各部の編み方が微妙に違うし、細工もある。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

少し拡大して見てみよう。その前にこのポンチョに名前を付けておこう。そうだなぁ〜「Mother of Yotchan」良い名前だ。意味は、内緒にしておこう。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

もう少し拡大してみよう。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

ボタン部分の細工が細かい。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

ARATA HOUSEのシンボルまで手編み。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

これは何だと思う!?これはポンチョの安定感を高める為の細工。こんな感じに使う。ウンチする時はどうするの?おしっこはかからないの?そんあ事は気にしない。(ウンチ、おしっこは事前に済ませましょう。)

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

Buono!お待たせ、どんな感じ?ウール100%だけあってとってもあったかいね。柔らかさも丁度いい。毛玉が出来やすいけどそれがまた良いんだよ。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

ここでBuono!に異変が!おい!おい!どうした!?

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

「あぁ〜眠たいなぁ〜。」おいおいまだ撮影を始めたばかりじゃん!

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

あらら。リラックスしちゃったよ。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

さらに。これはまずい。

 

「Mother of Yotchan」イタグレポンチョを編む。

 

と言うことでイタグレBuono!の為に「Mother of Yotchan」が一編み一編み、編んでくれたのに、暖かくて気持ちが良くなったようで、寝ちゃったので撮影はここまで。

 

そしてこれで完成と思いきや、少し気になる点を調整してもらう事に。そして、よっちゃんが一言。同じ毛糸で私のポンチョも作ってもらおうかなあ〜アハハ。だって。こうして「Mother of Yotchan」のポンチョ作りは続くのでした。

 

どんな物でもそうだけど、細部に拘れるかどうかで、物の善し悪し(長持ちするかどうか、使い心地)が変わってくる。細部とは、建築で言うところの木材と木材のおさまりである。おさまりが行き届いている建築物は長年の雨風にも強い、そして、過剰な装飾を施さなくても、優れたデザイン性を兼ね備えている。そんな事を「Mother of Yotchan」が編むポンチョを見ていて感じたのでブログにしてみた。

 

最後に一言だけ付け加えておこう「Mother of Yotchan」が編むポンチョは、母の温もりを感じる、おむすびのようだ。おむすびの美味しい握り方は、空気を握れるかどうかだ。

 

 

いつでもお買い物

 

 

 

犬服・犬寝袋・雑貨の通販|ARATA HOUSEショッピング
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。お問い合わせに関してのあれこれ。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)