スタート「始めること」することよりも、ゴール「夢の大きさ」を決めることの方が遥かに難しい。

公開:

 

 

 

スタート「始めること」することよりも、ゴール「夢の大きさ」を決めることの方が遥かに難しい。

 

 

 

砂浜から泳ぎ始めた。さて、どこまで泳ごう。流石にどこまでも泳げるわけはない。目的地を決めて泳がなければ溺れて死ぬ可能性もある。手前のブイまで、その先の灯台、そうだ太陽まで泳ごう。

 

 

 

小さな頃は夢が大きいと賞賛されるが、成長すると共に同じ夢でも無謀と言われる。無謀と言われる程度の夢ならたぶんほとんど出来る。無謀と言う人は100%の確率で夢がない。夢があってもただの目標程度、努力をするれば出来ることがほとんど。

 

 

 

出来るかか出来ないかそんな夢が面白い。ギリギリとろこを攻めるのがいい。出来そうは夢ではなく目標。目標は努力すれば出来る。夢は努力だけでは行くことが出来ない。

 

 

 

防波堤までは努力すればほとんどの人が泳げる。普通に泳いでは太陽まで泳げない。じゃあどうすれば太陽まで泳げるか。そんなことは知らないし考えない。大切なことは時間をかけても出来なかった時に後悔しないそれが夢。時間をかければ出来ることは目標。

 

 

 

目標を利用して、夢に近く。

 

 

 

 

犬服|aratahouse.com
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)