イタグレBuono!の暮らし

淡路島の冬の始まり。

photo by s.k

i am Yoshie

 

冬の始まりは、海からの冷たい風で感じます。淡路島に暮らし始めて知った事の1つに光熱費の値段の高さがあります。東京や大阪の都会の方が安いです。そういった都会と比べると淡路島の光熱費は1.2倍から1.5倍ぐらいはかかります。

 

田舎暮らしは生活費が安いと考えてる人も多いと思いますが、都会のように暮らすと遥かに都会よりも高い値段になります。都会と大きく違う事は、

 

  • 人口の少なさ
  • 上下水道の整備
  • プロパンガス

 

商業はなんでもそうですが、多くの人が使うほどものの値段は安くなり、より快適になります。少ない人口に快適な公共設備を作ろうと思うと企業にとっては採算が合わないのでどうしても割高になります。こう書くと田舎は光熱費が高いとなりますが、それは暮らし方によっても変わります。

 

冬は空気が澄んでいるので夕焼けや星空もより綺麗です。

 

 

直売所の野菜も100円以下で立派なものが買えます、それも冬の嬉しい事です。

 

今日のイタグレBuono!コーディネートは「肌寒い日に温もりを。|裏起毛ボンバーヒートニット(保温)」です。海沿いの散歩には必需品です。

 

チャンネル登録  淡路島の暮らし

 

淡路島の暮らし|夫婦と犬の島歩き。 淡路島の暮らし|夫婦と犬の島歩き。

 

「雑談」の記事一覧

 

2020年1月イタグレと向かった淡路島の海辺の夕焼けはやっぱり綺麗だった-イタグレ服、ミニピン服、ウィペット服、サルーキ服などをハンドメイドで製作しています。愛犬に合ったサイズに調整するだけでなく、愛犬の個性や特徴に合わせてお洋服のデザインを決める事ができるお店です。混じり合い優しい時間が流れる「ゆっくりで大丈夫」の言葉に今日も助けられて今日も「ゆっくりで大丈夫」の言葉に助けられて絵の、絵の、淡路島の冬の始まり。淡路島の冬の始まり。11月の淡路島の夕焼け。小さな漁船が漁を終えて帰る。11月の淡路島の夕焼け。小さな漁船が漁を終えて帰る。

 

コメント・質問などお気軽に。