猫派の主人を納得させなければ【2匹目の犬を迎えるまでの物語1】

猫派の主人を納得させなければ【2匹目の犬を迎えるまでの物語1】

猫派の主人を納得させるのは大変

主人にアピールする事約2年。Buono!を迎えれた。Buono!を飼ってからもずっともう1匹が欲しいと思いながらタイミング見ては2匹目飼おうよー!!!と何度か言ってきた。言い続けて、今年Buono!が9歳となるまで、まだ2匹目を迎えてないない理由がある。なんでかって?何故ならば、主人はどちらかというと猫派だから。もちろん他の理由もあるんやけどね。面倒を見る時間も主人の方が長い、おしっことうんちの処理がどうしても苦手。なんでかって?何故ならば、主人はどちらかというと猫派だからね。そう。主人は猫派。そうは言っても。日々Buono!との暮らしを見ていたら、私以上に犬好き、Buono!が好き過ぎる人にしか見えない。なんだったらムツゴロウさんですか?って思う時もあるぐらい。だけど猫派らしいよ。

このブログを書き始めた意外な理由は?

私たちには思い描く暮らしがある。その暮らしに向かって日々進んでいます。その思い描く暮らしには2匹目に大型犬を迎えると言う事が描かれている。でもその思い描く暮らしを待ってたら近いようでまだ遠い。そんな時、実家の愛犬1匹が亡くなり約1ヶ月ちょっと経った時に甥っ子が「僕が1匹飼うよ」って言ったらしく新しい犬を迎えたと言う知らせが来ました。いいないいないいな。そう思うと私の2匹目迎えたい願望がまたヒートアップ。

主人にも興奮して話をして、我が家にもやっぱり2匹目迎えようよっ!と言ってみました。そうすると「ブログに迎えるまでの物語から書き始めてみたら楽しいし、迎えた時に思い出になるんじゃないかな。そのブログを読んでたらオレもこう言う犬種だったら飼いたいなぁって思うかも知れないし、飼いたいと思わせられたら、近いうちに2匹目迎えれるかもよ」って。なんと!なんと!ちょっと迎えれる兆しあり。ってことでブログを書き始めることにしました。

みんなの情報求む

2匹目飼いたいもん。だからブログで主人にプレゼンしよう!みんなも協力してもらわなきゃ!だからこのブログ見たらみんなも主人にプレゼンをしておくれぇー!!我が家の愛犬は何犬で、こんな所ががかわいくて、こんな所が大変だけどこうしたら大丈夫だよ。何にお金かかるよ。とかいろんな情報があればあるほど、どの犬種を迎えるべきなのかが分かり、主人の心も動いてくれるはず。そうすると我が家に2匹目のわんちゃんが来ることになるでしょう。

みんなに重要ミッションです

私の主人を説得せよぉぉぉ

では早速私も説得開始!

飼いたい犬の条件

犬好きな私は、どの犬種も興味大あり。それぞれに可愛さがあるから飼ってみたい。でもその中でも候補の犬種を考えてみました。

条件はこんな感じ

  1. Buono!と同じ様に運動量が必要な犬
  2. 抜け毛が少ない
  3. 多頭飼いになり、散歩も一人で行った時を想定してコントールしやすい状態に躾ができそうである事

まずは「ワイマラナーロング

Buono!を迎え入れたペットショップでワイマラナーショートのパピーに出会って一目惚れした犬種。顔は一見ワイルドなのに、めっちゃ甘えたな仕草だったのが印象的。そしてお客様で知り合った方がロングを飼われていて一度一緒に遊ばせてもらって更に惚れ込んだ犬種。思い描く暮らしの中に描かれている犬種もワイマラナー。第一候補だわ。

家は小さいけれど、ロング散歩も行ってあげれるし、運動量は叶えてあげれるかと思う。知り合いのワイマラナーともBuono!は一緒に遊んだこともあるのでイメージはできる。抜け毛はどの犬種もあるけれど、サロンに通うことはなくて済むかと考える。ブラッシングで抜け毛は日々外で落として、毎日室内は掃除機する。小さい頃から爪切りには慣れさせて自分できる様にしておく。

あとよくよく考えると、室内でおしっこうんちをしないよう初めから躾をしたら大型犬は特にだけど外の散歩時だけになるよね。日中の主人の犬のお世話は意外と増えないのではと考える。

以前にワイマラナーショートのお洋服も製作してた。

飼いたい犬その❷スタンダードプードル

となると「スタンダードプードル」も視野に入る。

スタンダードプードルは実際には見たことも触ったこともないけれど、興味ありあり犬種。大型犬になるからもちろん躾は徹底しないといけないね。

スタンダードプードルは家庭犬として理想的な資質をすべて備えた犬種らしいよ。いいじゃん!気になる点は、毎月のトリミング料金が数万円となるとよく目にする。自分でカットできるように学んでみようか。。。もしくはトリミング代をしっかり稼げばいい。

飼いたい犬その❸ダルメシアン

そうなるとそうなると、「ダルメシアン」も候補だわ。

でも気になった点「明るく陽気です。しかしその反面、警戒心が強く、飼い主以外の人や犬には、気を許さないところもあります。」だって。でもそう言っても結局のところそれぞれその犬自身の性格があるから絶対ではないよね。

あとは「ワイアー・フォックス・テリア」「パーソンラッセルテリア」活発に遊ぶ事が好きそうな犬種かなってイメージ。毛も伸びにくくブラッシングは必要だけどお手入れはしやすそう。現時点ではこんな感じかな。いろんな犬種の中から候補を絞って見た。

気になる犬たち

日に日に迎え入れたい犬種候補は入れ替わるが、今日時点の私の心はと言うと。

ワイマラナーロング

さぁ。これから2匹目に出会うまでの物語が始まった。主人のアンサーはフォーラムで読めます。

コメント・質問などお気軽に。