年末年始の商品発送、お休みに関して

さよなら、鈴木さん。【車を捨てた。】

私の愛車は薄いクリームベージュカラーのアルトラパン。

古い型でカクカクっとした形の車。海辺で乗るにはちょうどいい感じ。淡路島に越してきて半年ぐらい経った頃に我が家へ来たかな。先代の車は乗り心地もサイズも良くて気に入っていたトヨタのハリアー350Gを乗っていましたが、海が目の前の家。歩いて海まで10秒。吹き荒れる冬の風の強さを甘く見ていました車にカバーをかけるも風で吹き飛び真っ裸。

毎日洗車できる訳もなく塩まみれでジャリジャリ。こ、こ、この車はこの家で乗るべき車でないな。。。って事でさよなら。

海の前で車を保管するならこんな覚悟が必要だと実感した。

錆びてもいい。確実に錆びるね。

塩まみれでもいい。塩が取れるよ。食べれないけどね。

窓のゴム部分に苔が生えてもいい。実際生えてたね。

毎日洗車しなくてもいい。水だけかけても意味がないからね。

スーパー行くのに乗れたらいい。週1回のペースだけどね。

ハリアーは乗り換える気満々だったからね。て事でスズキのアルトラパンを買いました。そのアルトラパンで週に1度、海沿いの道を走って田んぼを抜けて少し大きなスーパーに買い物に行くのがちょっとした気分転換。ちょっと錆びついた車で道路の凹凸の振動を感じながら窓を開けて海の匂いと波音をBGMに走らせるのが心地が良かった。

正直ゆうと、車が好きな方で軽自動車は好みの車に入らなかったから買うときに、軽自動車かぁ。。と思っちゃたし、しかもラパンに興味があるわけでもなかったけど気分転換ドライブを楽しませてくれるラパンは年々愛着が湧いてきた。

そして2021年6月少しずつ春から夏に移り変わる季節。海も夏を感じさせるような青々とした海に変わり、春の暖かさから夏の暑さを感じる。この日もいつも通り海沿いを走って田んぼを抜けてちょっと大きなスーパーに買い物へ。気持ちよく外を眺めながら運転しているとハンドルの奥に赤い点滅するマークが見えた。

あっ!またマークが点滅したなぁ。

最初はなんだろうなぁ?思ってたんだけどすぐ消えたので気にしなかったんだけど、ここ数回、毎回点滅することが増えた。このラパンは購入した時点でもうすでに10万キロ走ってる車。2年から3年ぐらい乗れればいいと思って乗り続けてもう6年から7年?になる。そろそろ乗れなくなるんではないかな?と思っていたし、この11月の車検では廃車にする事が99%決まってた。

海沿いの一本道をずっと走っていたらやっぱり点滅するマーク。。。

「あ。不安だわ。しかも 赤い点滅って危ない気がするなぁ。車止めるべき?調べるべき?主人に連絡すべき?」

不安が大きくなったので、車を路肩に止めて深い深呼吸。

はふぅぅぅぅ。

車 ヨットマーク 赤点滅」と検索

すぐにエンジン系がまあまあヤバイとゆう事がわかったのだけれど機械系に詳しくのないので引き続き不安は続く。今いる場所から自宅まであと10分ぐらいだったから「よし!そろりそろり運転で帰れば大丈夫だ。」と心の中で呪文かの様に言いながら時速30キロで運転で無事帰宅できたのだけれど気持ちが疲れた。せっかくの気持ちのいい海沿いの一本道が不安だらけの帰り道になってしまった。

帰宅後

私「車故障したかも。なんかヨットマーク点滅してるしかも赤色やねん」

主人「車屋さん電話するからメール入れといて」

我が家は、大事な事、やらないと行けないこと、忘れては行けないことなどはメールに入れて伝えたり、やるべき事を忘れない様にしている。次の日に早速車屋さんに電話して車の状況を伝えてくれた。

返答が来るまで私の頭の中は「あ。車検まであと少しやったにもう限界かな?もうダメかな?どぉなるのかな?次の車探しとこうかなっ」なんてちょっとウキウキしながらも色々考えちゃいました。そうこうしてると連絡があった見たいで夜、夫婦会議が始まる。

エンジンのラジエーターの故障、そして修理をする事によりさらにその他の部分の故障にも繋がり修理費が思っている以上にかかるかもしれないとのこと。さらには今回修理したところで次の車検(6カ月後)で廃車にする事は確定していた。

主人「修理してあと半年だけでも乗ったり、駐車場に置いておいたらいいんじゃないかな?」

珍しく真剣に考えた。

んんん。よく考えろぉ私。今は違う事にお金を使いたいのに半年後に廃車になる車に数万円かけるのか。どうしようか。って考えてる中のはずなのにお口が先走った。

私「それだったらもう廃車にしたほうがいいんじゃない」

主人「あぁ車なし生活っていうのも今経験しているのもいいかもね」

あっ。発してしまった。車でちょこっとドライブできなくなるのに。いつも究極の決断をする時やした時に、その瞬間は私の心の中で悲劇な音楽が流れる。どんな曲かはご想像にお任せします。

でも話しているうちに車無し生活になると良いこともあるのだと気がつかせてくれる主人。

主人「買い物はネットでできるから、今まで買い物に時間取られていた分、製作に当てれるよ。」

私「そだね。」

確かにそうだわ。半日ぐらいは買い物に潰れてたからねぇ。

主人「製作がスムーズに終われば、夜にゆっくりドラマが見れたりと時間の使い方が変わるよ」

私「ほんとそうだわ。」おっ。ドラマ見れるの嬉しいなぁ。

そうやって主人に車がない事のマイナス話でなく、得れる話をされたらそっか!そっか!いいじゃん!ってすぐ悲劇な音楽が止まり、喜劇な音楽に変わる。これまたどんな音楽かはご想像にお任せします。

私って悲しい出来事や、嫌な事があっても瞬間は悲劇になるけどすぐに喜劇に変わる良い性格。笑

主人「どうしても必要だと感じた時は買えば良いじゃない」

私「だよね。」そうやん一生車買いません。乗りません。って事じゃないからそこまで悩む事ないね。

淡路島に越す前は旅行好きの夫婦で毎月、海を求めて車走らせ旅行へ行きBuono!を迎えてからは大阪から淡路島に通う様になって、車は必要な移動手段アイテムでフル活用。そんな旅行好き夫婦が旅先の様な場所に住んでしまったから、毎日旅気分で旅行に行く必要性が無くなった。

今の暮らしで車を使う場面はスーパーは週1回ぐらいでまとめ買い、コンビニは徒歩でも行ける距離なのについ乗ってしまう怖い習慣が身についてしまった。動物病院は月一回行くか行かないか。車で約20分ぐらいはかかる距離にある。大好きなお肉屋さんは週2回ほど、これまたまとめ買いです。しかも、ほぼ乗るのは私だけ。

改めて使う場面を振り返って見てみるとはっきり答えが出てきた。

「やっぱり車いらないねぇ。」

スーパーは今の時代はなんでもネットで買える。ネットでお仕事してるのにネットフル活用しなくてどうするよ。コンビニも徒歩で行ける距離なら歩けば良いよね。地味に運動になるから。動物病院は行く必要性がないときは郵便で対応してもらえるみたいだからそれで十分だよね。お肉屋さんは高速バスで行けるからプチバス旅で気分転換になるかな。高速乗るまでは下道走ってくれるからその間は乗り降り自由!しかも乗り降り自由になったのは今年の4月か5月。市バスみたいなもんだね。

旅行したい時はレンタカーがあるじゃない。なんだったらキャンピングカー借りたりして楽しそう。それ以外急ぎで行かなければならに場所ができたら場合はタクシーがあるよね。淡路島にもタクシーはあります。

「やっぱり車いらないねぇ。」

って事で、我が家は車を捨てた。

田舎には車は絶対必要と思い込んでいたけれどいざ車を手放したら良いことが増えた。スーパー行かなくなったら時間にゆとりができて確かに製作が効率よくできるようになって心置きなく寝る前にドラマも見れたりしてる。

高速バスは背が高いから、見える景色が変わるんよなぁ。海沿い走るんだけど高いとこから見下ろすから崖っぷちを走ってるみたいでちょっとスリル満点。ネットで買い物するから無駄な買い物をしなくなったなぁ。急激に体重が増える日も減ったし良いかも。ちょっとそこまでも車に乗ってしまっていたからそれが全て歩きになったから良い運動。毎月の車にかかる費用も考えなくてよくなったし、雨風、海風、塩風、台風などでの車のダメージも気にしなくてよくなったなぁ。

それだけで気が軽い。

困ったことと言えばねぇ。手放して約2ヶ月だけど今のところはなしです。何より気にかける事が減って身軽になった。基本、車が好きな私。免許とっておじいちゃんのお下がり四角いボルボのセダン乗ってエンジン音とハンドルの重さが好みで車が好きになった。エアコンが効かなくなり、エンジンが掛からなくなってかな?さようなら。

そして自分でローバーミニクーパー買って乗って、とても小さい車で車内からみる外の景色がとっても面白かった!なんか自分だけがミニチュアになった気分で大きなトラックが通るたびにひゃぁぁ。って言って笑って楽しんでました。梅田の道路ど真ん中エンスト(AT車なんだけどね)して冷やっとした事がなんどもあって乗りこなせないと判断して、さようなら。

とりあえずはこのまま車なし生活で満喫するけれどまたこの先、主人と思い描いている暮らし方があるから、その暮らしができた時に旅をしたくなったり、どこかへ行く道中を楽しむ事に時間を使う時がきた時には車を買う。その時買う車はもう決めていて、私の中でイメージは完成しています。

Buono!ともう1匹わんこがいて、好きなブランドのお洋服を着て海沿いを走り、その先にあるスーパーへ好きな車に乗って向かう。結局スーパーへ行くんかい!って感じだけどわざわざ特別な事でなく、普段の何気ない日常を常に楽しめる人でありたいと思います。その日を楽しいみにしつつも今の車無し生活を楽しんでいこう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Yoshie.Kuroiwa

さよならラパン、ありがとう鈴木さん。 2021/05/31

さよなら、鈴木さん。【車を捨てた。】
さよなら、鈴木さん。【車を捨てた。】
さよなら、鈴木さん。【車を捨てた。】

車が無くなって歩くしか移動手段がありません。自転車も錆びて捨てました。歩くと体調も良いし健康になった気がします。便利が不便そんな感じですね。

うつ病にしても、がんにしても、アレルギーや免疫系の病気にしても、現代においていろいろな病気が増えているのは、私たちが歩かなかったためでしょう。

病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由

コメント・質問などお気軽に。