10月の犬服20選 季節は本格的な秋へ

SK-FXについて(外国為替証拠金取引)

SK-FXについて(外国為替証拠金取引)

 

このページではSK-FX(外国為替証拠金取引)の目的について説明しています。始めて閲覧される方は目的を理解された上でご利用ください。

 

SK-FX(外国為替証拠金取引)とは

 

FXに関して約3年ほど前から勉強し取り組んでいました。もともとは10代の頃から興味があり、取り組みたかった事の1つでしたが「富士山の頂上に登りたい。」の項目で書いた出来ない理由ばかりを考えて入り口にすら立っていませんでした。そんな私がなぜ入り口に立ちFXと言う事業を始めたのかそれは妻(よっちゃん)の後押しが大きいです。その具体的な話はまたの機会に書きますが、金融取引には金銭的なリスクが付きものです。当然、リターン(金銭的な)もモノづくり以上に大きなものもあり、何よりも仕事の中でやって見たかった事でもあります。

 

この3年間の中で学び、実戦した事を皆さんと共有する事でより高いレベルを目指していきます。SK-FXでは主に私の行った取引の過去チャートを利用した分析・検証・記録を解説していきます。何か聞きたいことがあればご質問ください。

 

金融取引に必要な事には大きく分けると3つあります。

 

長期的に勝ち続ける投資家の3つの要素「3M」

 

  1. 自己の心理「Mind」
  2. 資金管理「Money」
  3. 取引手法「Method」

 

この3つです。FXと聞くとギャンブル的な要素が強いと感じる人が多い原因はその内容を具体的に知らない人が多いからです。どんな仕事を選んでもリスクはあります。逆にリスクがない仕事はあるのでしょうか。私が金融取引に惹かれた理由は2つあります。

 

FX(外国為替証拠金取引)に魅力を感じた理由

 

  • 金融取引には金銭的なリスクしかないこと。
  • 定年や解雇などを考えずに老後もできる仕事であること。

 

この2つの事が大きいです。仕事によっては命のリスクや時間拘束のリスクがありますが、その対価として報酬が高いものも多くあります。なら金融取引を学び金銭的なリスクを出来るだけコントロールするればとても魅力的な仕事となります。ただお金を稼ぐだけではなく、暮らしを豊かに出来る可能性が高いのもFXの魅力です。

 

目指すべき取引手法は?

 

小学1年生にも理解できる取引

 

これなら老後多少ボケても体力が落ちてもやっていく事ができます。そして私たちの夢の実現にも役立つと感じて初めてたのが今から3年前です。今思えば3年前に始めておいて良かったと心の底から感じます。

 

このブログで「SK-FX」として長期的に勝ち続ける投資家の3つの要素をテーマにお伝えしてきますので興味がある方はご参加ください。

 

FXによりどれぐらいの収入を必要とするのかはその人の考えや生活スタイルによって違いが大きくありますので、私の収益、取引数量は公開しません。金融取引初心者が負けやすい理由としは資金力のある人と同じように物事を考えてしまう事にも原因があります。このブログでは資金量に関わらず長期的に勝ち続ける事をテーマにします。

 

私が利用している取引証券会社は「XM」です。取引証券会社により微妙に為替価格が異なりますので、初めての方は同じ口座を選ばれた方が為替価格に誤差が生じず混乱が少ないと思います。以下のリンクより口座作る事により私と同じチャート環境で相場を見ることが出来ます。

 

私が利用しているFX口座へ

 

XM™ の FX、株式指数、原油、ゴールドとCFD商品

 

普段のやり取りはブログ下部のコメント欄もしくは、以下の私のTwitterでお願いします。

 

 

お願い・お断り

 

このブログは教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を、過去の事実(チャート)から解説したものであり未来の利益を保証するものではありません。当サイトは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証するものではありません。閲覧者が当サイトの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当サイト運営者は一切の責任を負いません。FX(外国為替証拠金取引)はリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスクを十分に理解したうえで自己責任で行ってください。

 

記事内容に関するご質問やご意見、応援メッセージはコメント欄をご利用ください。記事内容と無関係なコメントに関しては掲載できない、または、お答えできないことがございますのでご了承くださ い。またコメントやSNSのやり取りは「読者の声」としてブログや動画に掲載させていただくことがあります。

 

コメント・質問などお気軽に。