一番シンプルな犬服。飾らない、気取らない。だから可愛い愛犬の表情、仕草が生きる。

公開:

 

 

 

一番シンプルな犬服。飾らない、気取らない。だから可愛い愛犬の表情、仕草が生きる。

 

イタグレBuono!との生活が始まって気がついたこと。犬にも服はいる。でも、犬本来の表情、仕草が消えてしまうような服は着せたくない。本来は何も着ない方が可愛いし、美しいし、かっこいい・・・でも服を着せる必要がある。

 

この寒い冬の季節。我家のイタグレBuono!に服を着せないと、すぐに体調を崩す。ほんとに一瞬で便がゆるくなる。我家の場合は過剰な暖房をつけないので、せめて服を着せてあげないと、Buono!は快適に過せない。

 

思い返せば色々な犬服を製作してきたが、Buono!用の冬服がない。可哀想なBuono!だ。「よし!Buono!よ!お前さんに似合う服を作ってあげよう!」と想い製作したのが今回の『毛布に包まれたような暖かさと、優しい肌さわりのボンバーヒート(保温)裏起毛2WAYニット|新カラー「イタグレグレイ×グレイ」』だ。

 

Buono!は日頃から喜怒哀楽がはっきり表情にでる。だからその表情を邪魔しないような服がいい。下手にカラーを入れると、カラーに目が行き折角の表情が生きない。

 

機能性もいる。兎に角、遊ぶの走るの大好きなBuono!だから、外によく行く。でも外は寒い。保温力がいる。さらに、スムーズに動き回れるように生地に伸縮性もいる。

 

そこで選んだ生地が「毛布に包まれたような暖かさと、優しい肌さわりのボンバーヒート(保温)裏起毛2WAYニット」だ。生地が決まり、デザインも固まる。でここで邪念がはいる。シンプルすぎないか、何か飾りを入れた方がお洒落じゃないか。これが失敗の始まりだ。

 

イタグレBuono!に似合う服を作ると決めておきながら、いろいろ飾ろうとする。それは飼い主の欲だ。飾りたい。気取りたい。そんな邪念と欲を断ち切って仕上げた服はARATA HOUSEの中で一番シンプルな服となった。飾らない、気取らない。

 

そして可愛い愛犬の表情、仕草が生きる服が完成した。

 

一番シンプルな犬服。飾らない、気取らない。だから可愛い愛犬の表情、仕草が生きる。

 

とのBuono!のアドバイスが聞こえてきたので一言でまとめると。

 

「シンプルな服ができたよ。」

 

そうそう「淡路島に遊びにきて〜!遊ぼ〜の!」とBuono!が言ってます。

 

#italiangreyhound #イタグレ #砂浜 #あわじ.com

イタめぇさん(@yoshie.k)が投稿した動画 –

 

 

 

犬服|aratahouse.com
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)