調理時間40分!!食事時間8分!!それが本当のトンテキ|三重県四日市市@まつもと来来憲

公開:

 

 

 

まつもとの来来憲まつもとの来来憲 (來來憲 マツモトノライライケン) – 伊勢松本/定食・食堂 [食べログ]

 

四日市とんてき(よっかいちとんてき)は、三重県四日市市の名物料理である豚肉ステーキ(=とんてき)。 ウスターソースなどを使って作った黒みを帯びたソースを分厚く切った豚肉のソテーにからめたスタミナ料理の一つである。 グローブ焼(グローブやき)またはグローブという呼称を用いることもある。この「グローブ焼」という名称は、豚肉を食べやすくするため、手のひらの形に切れ込みを入れていることに由来する。第2次世界大戦後に始まったものとされ、発祥は四日市市内の中華料理店「來來憲」(らいらいけん)である。とんてきは同店の看板メニューであったが、当時は四日市名物として意識されることはなかった。

引用元:wikipedia 

 

知らぬ街に行けばその街の知らぬ飯を食らう。それが食べ歩き。

 

店の自動ドアをくぐるなり美味なる香り。瓶麦酒を1本。麦酒とともに「豚の皮を揚げた珍味」、まだ食を始めるには胃が暖まっていない。「餃子を一枚」妻の作る餃子に勝る餃子に出会った事がない。喉が潤い「トンテキ」を食す。店員に聞く「どれほど待つ」定員曰く「40分」そして出てくる「トンテキ」美味いのは当然、不味いわけがない。「トンテキ」を食し感じる。賞味分は「8分」もっと言えば「5分」食せば解る。時が経つにつれて、添えてある「キャベツ」に豚の油がまとわりつく。油が冷やされくどくなる。40分待ち、8分で食す、だからこそトンの油を存分に味わえる。

 

美味い。その一言につきる。

 

調理時間40分!!食事時間8分!!それが本当のトンテキ|三重県四日市市@まつもと来来憲

 

調理時間40分!!食事時間8分!!それが本当のトンテキ|三重県四日市市@まつもと来来憲

 

調理時間40分!!食事時間8分!!それが本当のトンテキ|三重県四日市市@まつもと来来憲

 

調理時間40分!!食事時間8分!!それが本当のトンテキ|三重県四日市市@まつもと来来憲

 

調理時間40分!!食事時間8分!!それが本当のトンテキ|三重県四日市市@まつもと来来憲

 

翌日、妻は大蒜の香りをまとっていた、それだけこのみの味だったと言うことか。この店「まつもと来来憲」G+で知り合った地元食の達人に言いたい。

 

ありがとう。美味。

 

 

犬服|aratahouse.com
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)