季節ごとの健康管理|春は狂犬病予防接種|ノミダニ予防|フィラリア予防|換毛期【犬の育て方 vol.46】

公開:

 

 

 

私達人間も、季節に応じて、衣食住や健康管理を調節しますよね。犬もその季節ごとに、洋服着せたり、お水をまめにあげる時期や温かくや涼しくしてあげたり、「ウイルス」や「蚊」や「ノミダニ」の予防といろいろ健康管理をしなければいけません。

 

「春」からお話しします。

 

春は、温度差が激しい季節で、暖かい日もあれば、寒い日もあります。朝夕に急に冷え込みますので、ハウスのの中やケージ、バリケンと言った、愛犬が寝ているお部屋の温度を意識してあげましょう。窓を開けっ放しのお部屋で愛犬は寝ていませんか?仔犬や高齢犬など気温の変化に大変弱いですので、特に注意して下さい。

 

「狂犬病」の予防接種を受けましょう。

 

こちらは年1回必ず受けましょう。日本国内で義務ずけられています。全ての哺乳類、もちろん人にも感染し、100%の死亡率と言う恐ろしい病気です。感染経路は、感染した犬が咬みついて、傷口から体内にウィルスが侵入して、各神経組織を蝕んで行き、発病した犬は、狂操状態になってしまいます。現在は、日本での発症は0です。

 

ノミダニ予防

 

季節ごとの健康管理|春は狂犬病予防接種|ノミダニ予防|フィラリア予防|換毛期【犬の育て方46巻】

 

あと、冬の間静まっていた「ノミ・ダニ」の活動が始まります。と言われていますが。。。1年中、気を付けなければいけません。夏よりかは冬の方が少なくはなりますが、いないわけではありません。「ノミ・ダニ」の予防と駆除は基本4月から11月で温かい地域などは期間をのばしましょう。動物病院で処方してもたらえる、首の付け根につける、スポットタイプの駆除剤が効果的で安全でもあります!

 

「ノミ·ダニ」

犬に寄生して、血を吸います

吸われたところが、痒くなりかきむしり始めます

かきむしった傷から細菌が入りこんだりします

皮膚炎を引き起こしてしまいます。「ノミ·ダニ」は人も刺しますから、しっかり駆除しましょう​​。

 

そして「フィラリア予防」

 

季節ごとの健康管理|春は狂犬病予防接種|ノミダニ予防|フィラリア予防|換毛期【犬の育て方46巻】

 

フィラリアとは、糸状の寄生虫で心臓に寄生して起こる病気です。

 

フィラリアに感染している犬を蚊が刺して

口ばしに寄生虫を付けて

感染してない犬に刺し

口ばしについていた寄生虫が皮膚に落ちます。

そして、刺した穴に落ちるまで6か月

穴に落ちてから

筋肉に達するまでが2〜3か月

そこから血液に入り、泳いで心臓へ行く

 

とゆう流れで、フィラリア症になります。症状は、「咳、貧血、血尿、脱水症状」が現れ、血を吐いて急死する事もある、恐ろしい感染症です。蚊に刺されてすぐフィラリア症になるわけではないので、毎月、病院で処方された薬を飲ませて予防ができます。基本4月~蚊がいなくなる時期ぐらいまで飲ませます。

 

ホコリや花粉など多く舞う時期でもあります。

 

目ヤニや鼻水の原因になりますので、お部屋は清潔に!そして、犬の毛の生え変わり時期、「换毛期」です。ブラッシングをいつもより頻繁にしましょう​​。

 

まとめると!

 

  • 狂犬病予防接種を受ける
  • ノミダニの予防
  • フィラリアの薬スタート

 

この3つは必ず忘れない様に!

 

我が家の出来事

 

「犬寝袋」いつでもどこでもほっこり寝袋| ARATA HOUSE寝袋

 

我が家のイタグレBuono!はとっても寒さに弱いので、朝夕の温度差の為、まだバリケンの中は毛布で暖かくして、寝袋で寝ています。特に朝が冷える日は、バリケンにカバーしている上から、さらにブランケットなどで覆いかぶせて、隙間風なども入らない様にしています。(暖房器具は使っていません。)3月に狂犬病の予防接種を毎年。そろそろ4月に入ったので、ノミダニとフィラリアの薬を処方してもらいに行ってきます!!

 

次回季節ごとの健康管理夏⇒夏は日射病や熱射病、食中毒に注意しましょう【犬の育て方 vol.47】

 

 

 

犬服|aratahouse.com
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)