自転車・走っている人・小さい子供・ボール・車など動くものを追いかける事をコントロールする躾【犬の育て方 vol.35】

公開:

 

 

 

 

自転車・走っている人・小さい子供・ボール・車など動くものを追いかける事をコントロールする躾【犬の育て方 vol.35】

 

しつけ|動くものを追いかける事【犬の育て方 vol.35】

 

散歩していたりすると、自転車・走っている人・小さい子供のチョコマカチョコマカした動き・ボール・車・バイクに 反応して、その場をグルグル回り出したり、追いかけようとリードをグイグイ引っ張っている姿をチラホラ見ます。

 

狩猟本能が犬にはあるので、完全にやめさせることはできませんので、飼い主様が、愛犬の性格をよく理解した上で、コントロールできるようにしましょう。

 

追いかけていい時、ダメな時のメリハリを覚えさす。ボールなどで遊んであげて、しかっり狩猟本能発揮させて、ストレス発散させて、散歩などでは興奮を押さえ、「お座り」「待て」をしていられる様に。追いかけたりしない様に。

 

自転車・走っている人・小さい子供・ボール・車など動くものを追いかける事をコントロールする躾【犬の育て方 vol.35】

 

①動く物に反応したらリードをしかり握りしめ

 

自転車・走っている人・小さい子供・ボール・車など動くものを追いかける事をコントロールする躾【犬の育て方 vol.35】

 

②すぐ「お座り」「待て」をさせます。落ちつたら、褒める。 何度も繰り返していけば、コントロールできるようになります。 初めのうちは、愛犬の気をひけるおもちゃおやつを使うのもいいですね。

 

大切なこと

 

動く物を追いかけたくなる衝動が他の犬種より強いのが、 ボーダーコリーやシェットランド・シープドックやコーギーのハーディング・ドッグと言われる、牧畜犬です。 後は、ハウンドです。獣猟につかわれていた犬ですね。グレーハウンド・ビーグル・ダックス・ボルゾイ・ウィペットなどなど。 テリア系のジャックラッセルテリアも追いかける要素を持ち合わせています。

 

我が家の出来事

 

イタグレBuono!

 

実際に、我が家のイタグレBuono!とお散歩中に、ボーダーコリーに出会った時、Buono!の俊敏に動く姿を見て、リードを握りしめている飼い主様の周りをものすごい勢いでグルグル回りはじめました。飼い主様は小さな赤ちゃんを抱っこしていたので、興奮を治まらせなければ、飼い主様と赤ちゃんが危なかったので。。。すぐにBuono!とその場から離れました。まだ、パピーでしたので、飼い主様も慣れていない様子で、少し困った様子でした。

ですが、そこは公園。万が一リードがするりと手から抜けたら、足りまわっている子供を追いかけたと思うし、Buono!に飛びかかっていたかもしれませんよね。。。でも、ボーダーコリーは頭が良い犬種。ちゃんと躾をすれば、理解します。追いかけ癖や、後、無駄吠え癖などもあるので無駄吠え癖なども辞めさすことはできますから、この飼い主様も早くしつけられた方がいいなと感じました。次に、会った時はそれとなくお伝えできればなと思います。

 

皆様も、追いかけ癖のある愛犬を他人にご迷惑お掛けする前に躾ましょう。次回も問題行動⇒犬はなぜ?外で落ちているものを食べるのか【犬の育て方 vol.36】

 

 

犬服|aratahouse.com
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)