春の味覚「いかなごの釘煮」を両親が手作りして送ってくれたので。

公開:

 

 

 

早速、食す。

 

旬の味覚「いかなごの釘煮」を両親が手作りして送ってくれたので。

 

美味しいイカナゴの釘煮は、2月下旬〜3月下旬にしか食べれない貴重な食べ物。

 

旬の味覚「いかなごの釘煮」を両親が手作りして送ってくれたので。

 

ご飯の共に、酒のあてに、最高だ。

 

旬の味覚「いかなごの釘煮」を両親が手作りして送ってくれたので。

 

炊きたてご飯に、たっぷりのせて頂く。満足、満足。「ありがとね。」

 

ちなみにイカナゴの釘煮とは。

 

兵庫県淡路島や播磨地区から神戸市にかけての瀬戸内海東部沿岸部(播磨灘・大阪湾)ではイカナゴはいかなごの釘煮という郷土料理で親しまれている。佃煮の一種で、水揚げされたイカナゴを平釜で醤油やみりん、砂糖、生姜などで水分がなくなるまで煮込む。この際、箸などでかき混ぜるとイカナゴが崩れ、団子状に固まってしまうため一切かき混ぜない。炊き上がったイカナゴは茶色く曲がっており、その姿が錆びた釘に見えることから「釘煮」と呼ばれるようになった。引用:wikipedia

残したい日本の音100選にも認定された垂水漁港のイカナゴ漁 引用:神戸観光壁紙写真集

 

 

犬服|aratahouse.com
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)