「一からの犬服作り7」お洋服が完成したら確認する6つポイント

公開:

 

 

 

「一からの犬服作り7」お洋服が完成したら確認する6つポイント

 

 

 

一からの犬服作り7 完成と感想。

 

 

 

で~きたできた!!完成♪ドキドキ!フィッティング。あはは。初めてのロンパースに動き回る活発なひめが固まった。笑 しばらくは、歩きもせず、お座りもせず、何もせず突っ立ってた・ω・

 

 

 

この間に、着用サイズの確認。

 

  • 首位置 OK
  • 胴まわりのゆとり OK
  • 着丈 OK

 

 

 

ちょっとほってたら動き出した。うんうん。動いていても、服がズレて来ている所なし♪

 

 

 

  • 少し走らせて OK
  • ソファにジャンプ! OK

 

 

 

お座り。。。ん?服がズレて膝がでる。(ひめ)そのまままた歩かせようとしたら、ズレて膝が出ててたのが、ヒョイッとまた服に収まった。たまたまかな?

 

 

 

しばらく様子をみる。

 

 

 

お座り→ズレてる。脱げそう。だけど、歩くと脱げずにまた元の位置に服が収まる。

 

 

 

しばらく様子をみる。

 

 

 

お座り→ズレてる。脱げそう。だけど、歩くと脱げずにまた元の位置に服が収まる。

 

 

 

なんだか不思議。ひめのお座りが問題か?骨格の問題か?でも様子を見ていると一度も脱げない。数日後、ちゃーちゃんに確認したら、何の問題もなく着れているとの事。

 

 

 

「一からの犬服作り7」お洋服が完成したら確認する6つポイント

 

 

 

おすわりする際の膝の向きでどうしても脱げかかる感じになるみたい。ん。。。引き続き研究だ。
因みにぷくはバッチリ安定の着こなし。これまたロンパース初めてだから、着せた瞬間、動かなくなったけど(笑)お座りしても、何しても服のズレや脱げる様子は無かった。

 

 

 

なるほどなぁ。。。少し感想を。

 

 

 

お尻周りのハマり方やどこを測ってもらえばいい感じになるのかがわかった気がする。現段階では、ひめがお座りしたら脱げかかるのが気になるが、動き出すと自然と元の位置に服が収まるから、問題はない。人間でもしゃがむとズボンが多少ズル。でも脱げない。それとおんなじ事かな。
どの体勢の時にジャストを目指すのかにもよるが、私は、座って歩いて走って!って、いろいろしても完全に服が脱げすに着用出来ているならば、ケガの問題にも繋がらないからベストサイズとゆっていいかなぁと思う。

 

 

 

細かい気になる点が解消できて今回実家でひめとぷくの服が製作できて良かった良かった♪

 

 

 

 

「一からの犬服作り1」ロンパースを製作する時に重要なポイント!!それはおケツのサイズを知ること。

 

 

 

「一からの犬服作り2」ブリュッセルグリフォンとトイプードルを採寸する「私が心がけている採寸場所と3つのポイント♪」

 

 

 

「一からの犬服作り3」ARATA HOUSE流の簡単道具入らずオリジナルの型紙作り

 

 

 

「一からの犬服作り4」手元に生地がない!!そんな時はTシャツをリメイクしよう!「リメイク時の注意点」

 

 

 

「一からの犬服作り5」仮縫い&フィッティング「ロンパースはお尻周りの形状が大切」

 

 

 

「一からの犬服作り6」生地カットと、本縫い。大切なことはいつも「確認」すること。

 

 

 

 

犬服・犬寝袋・雑貨の通販|ARATA HOUSEショッピング
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。お問い合わせに関してのあれこれ。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)