ぐんぐん成長する生後6ヶ月の「とっても可愛いイタグレ」すぐにお洋服が着れなくなるけどそれも素敵な暮らし方

公開:

 

 

 

いやぁー寒いですね。今日は全国的に寒いようです。北海道は当然のように「氷点下」この漢字からもいかに寒いかがわかりますね。氷の点の下ですよ。ブルブル。それでも世の中には元気な犬もいます。北海道で暮らすミニピンのきなこちゃんは雪の中を軽やかに走り回ると言うか飛び回っています。顔中を雪だらけにして。そんな写真がツイッターに載っていました!すごいし、その写真が可愛いんですよ。その写真をお見せしたのですが了解を得ていないので去年のきなこちゃんを。

 

 

 

 

そう言えばこんな歌がありましたね。

 

 

「雪やこんこ あられやこんこ 降っても降っても まだ降りやまぬ 犬は喜び 庭かけまわり 猫はこたつで丸くなる」これまさに、雪ん子、きなこちゃんのことです。あとで写真載せても良いか聞いてみます。

 

そして、我家のイタグレBuono!は完全に猫派です(笑) 皆さんの愛犬は犬派ですか?猫派ですか(笑)前置きが長くなりそうなのでこのへんで本題に、今日は「とっても可愛い生後6ヶ月のイタグレのドリューくんとお洋服」のお話を書こうと想います。

 

ぐんぐん成長する生後6ヶ月の「とっても可愛いイタグレ」すぐにお洋服が着れなくなるけどそれも素敵な暮らし方

 

生後3ヶ月のドリューくん

 

始めてお洋服の依頼を頂いたのはドリューくんが生後3ヶ月の頃です。この時期にお洋服をご注文いただく方はほんとに少ないです。その理由は簡単です。この時期はぐんぐん成長して直ぐにお洋服が着れなくなるからです。普通は勿体無いと感じると想います。でもパピー期にお洋服を着せる理由は色々あるので勿体無いと決めつけず、直ぐに着れなくお洋服をなぜ注文するのかを考えてみましょう。以前の記事「犬服|パピーサイズ「パピーちゃんのお洋服の選び方」」に書いたことですが

 

パピー服を選ぶ時の5つのポイント

 

  1. 冬の寒さ、夏場はエアコンの寒さでパピーちゃんが体調を崩さないようにお洋服を着せてあげる事が大切です。寒さ対策以外にも怪我や病気からも愛犬を守ってくれるのがお洋服の役割です。犬は体調を崩すと長引く事が多いので、そうなる前に予防してあげる事がとても重要です。抜け毛が飛び散る事を防ぐのにも役立ちます。
  2. パピー期はほんとに一瞬で終わります。もちろん成犬には成犬の可愛さがありますが、パピーちゃんの何とも言えぬ可愛さは最強です。この時に飼い主さんが好みのお洋服を着せてあげて、その写真が残っていると愛犬との出会いが一生の想い出になります。この時期にしか出来ないお洒落を最大限に楽しんで下さい。一番上の写真は我家の宝物です。
  3. お洋服に慣れさせる。寒い時期や、成犬になって急にお洋服を着せようとすると「ガウガウ」と嫌がって上手にお洋服を着れないワンちゃんも沢山います。怪我や病気の時にお洋服を心地よく着れないと困る事もたくさんあります。だからこそ好奇心旺盛なパピーちゃんの頃から、お洋服を着せてあげてお洋服を着ると良い事があると教えてあげましょう。
  4. 犬の成長(骨格)は通常1年ぐらい経たないと安定しません。この為、パピーちゃんのお洋服を選ぶ時に一番悩むのがサイズです。でも大きくわけるとサイズに関しての考え方は2つです。「ある程度の期間着れるように大きめを選ぶ」「直に着れなくなってもその時のスタイルに合わせたお洋服を選ぶ」どちらも正解です。後は飼い主さんの考え方次第です。
  5. 最初に選ぶお洋服は「ショート丈」「スタンダード」にする。お洋服に慣れてから「ロンパース」を選ぶ事をお勧めしています。「ショート丈」のお洋服はハーネス装着時の体への衝撃を和らげてくれます。お洋服を着た上からハーネスを装着した写真は下の方の黄色いお洋服を着た写真です。

 

ドリューくんの家族は「2」と「3」を考えてドリューくんにお洋服を選んであげたのかなあと想います。最初のお洋服はとっても柔らかく伸縮性も適度にある「Baby Camouflage(迷彩)」を選んで頂きました。このお洋服にはこんな特徴があります。

 

Baby Camouflage(ベビー服)の3つの優しさ

 

  • 綿100%が基本  刺激に弱い赤ちゃんの肌を包む肌着は、もちろん綿100%です。
  • スムース生地でやさしい手触り  ほどよく厚みがあり、なめらかな肌触りです。洗濯しても縮んだりよれたりしにくいのも嬉しい点です。
  • 手入れがしやすい  洗濯機にポンといれて、気にせず洗濯できる生地とデザインで便利です。

 

ご注文時にパピーちゃんとわかるよにメッセージを頂いている場合は、実際にお作りする数日前に再度サイズ確認のご連絡を入れるようにしています。パピーちゃんの成長はほんとに早いですから注文時のままのサイズでお作りすると小さいと言うことになってしまいます。

 

そして完成したお洋服をお届けし、暫くしてそのお洋服を着たドリューくんの写真が届きました。見てびっくり「断トツで可愛い!!!!!」そう感じました。俺がファッションショーの審査員なら200点をつけるでしょうね。ちなみにこの時のドリューくんのお洋服のサイズは「I.4XS」ARATA HOUSEの規定サイズの中で一番小さなサイズです。

 

ぐんぐん成長する生後6ヶ月の「とっても可愛いイタグレ」すぐにお洋服が着れなくなるけどそれも素敵な暮らし方

 

生後6ヶ月のドリューくん

 

それからまた3ヶ月が経つ頃に今度はエレガントなデザインの「タータンチェック」をご注文いただきました。このお洋服は前身頃を4カラーから選ぶことができます。さて何色を選ばれたのだろう?と見てみると深い緑の「グラスグリーン」を選んで頂いていました。

 

お洋服を着た写真をみて納得です。ドリューくんにとっても似合ってます。

 

3ヶ月間でサイズが3段階も大きくなった

 

最初のお洋服が「I.4XS」そして今回のお洋服が「I.XS」と3段階も大きくなっていました。着丈で言うと8cmプラスです!!何気ない写真でもとっても可愛いドリューくんの成長がこれからも楽しみです。

 

また3ヶ月経った春頃にはもっと大きくなってるんでしょうね。そうなると今回のお洋服も着れなくなっているかも・・・でもそれで良いです。元気にすくすく育ってくれるのが一番の喜びなんですから。そして成長とともにたくさん残る想い出と写真。パピーちゃんの頃に買ったお洋服は着れないけど、ドリューくんが大きくなった時に「我家に来た頃のドリューはこんなにも小さかったんだあ。」なんてお洋服を手に取りながら想い出ばなしをするのも幸せな時間です。

 

ドリューくんのお洋服を作る時間は私たちにとっても幸せな時間です。

 

ありがとう。

 

終わりに

 

「もったいない、もったいない。」とその事ばかり気にして、せっかく歩み始めた犬との暮らしが窮屈になっていませんか。今の科学の力では過去に戻ることは出来ません。そう考えると今をいかに充実されるかが大切だと想います。「あの時、ああしていれば良かった。」こんなふうに考えるよりも「あの時あれをやっておいて良かった。」とどれだけ多く感じれるか。それが幸せになるコツなのかも知れませんね。

 

ちょっとした事ですがこのブログもそうです。書こうと想ったけど他に色々やる事があるし、後で書こう・・・そして書かない・・・そして数ヶ月後に思う・・・書いておけば良かったと。今この瞬間の感情を大切に。

 

そんな事をドリューくんの表情から感じました。あっ!淡路島にも雪が降ってきました。

 

 

犬服|aratahouse.com
ARATA HOUSEでは色々な犬種の犬服を製作しています。

 

 

シェアする

 

SNSでは最新情報を発信しています。お気軽にシェア、フォローして下さい。皆さんからのご意見、ご感想、ご質問などもお待ちしております。お問い合わせはLINEがオススメです。「友達追加」はコチラからお願いします。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはコチラへ(お名前はニックネームでも大丈夫です)